So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2011年05月 |2011年06月 ブログトップ

憎悪 [妄想スケッチ]

梅雨入りしましたね。何かとジメジメするこの季節 布団が干せなくて困りますね、武藤です。

さて、突然ですが皆さんは "二段ベッド" というのをご存知だと思いますが、好きですか嫌いですか?
ご兄弟などおられる方は幼少期 上の段を勝ち取るための兄弟喧嘩または家族会議などされた方も少なくないでしょう。必然的にお兄さんやお姉さんに奪われ涙を飲んだ弟さんや妹さん またはその逆、「うちにはそんなシャレたもんは無かった!布団ひけ布団!」なんて方もおられるかと思います。
実はこの "二段ベッド" 僕が小学校に上がる時に僕と弟のために親が買ってくれました、幼かった僕らはとても嬉しかったですねー ワクワクしました。うちの場合は兄である僕の方が上の段を勝ち取りました、弟に大分ゴネられたのは言うまでもありませんが。
しかしながら、結論から申しましょう。僕は二段ベッドがあまり好きでなく軽い嫌悪感さえも抱くようになってしまったのです。

僕は自分で言うのもなんですが繊細な子供でした、若干神経質と言っても良いでしょうね。なので夜 親の言うままに時間になると寝るのですが、なかなか寝付けないのです。寝たと感じてもちょっとした物音ですぐ起きてしまいます。誰かがテレビを見ていると気になって目が覚めるし、誰かがトイレに行くとその足音や扉の開け閉めの音で目が覚めるし、挙げ句 丑三つ時には勝手に目が覚めたりするのです。
皆さんご承知のように二段ベッドの上の段は部屋の天井にほど近く、目覚めるとそこは一面天井板の世界なのです。部屋を暗くしては怖くて眠れなかったので天井からぶら下がっている蛍光灯の豆電球を点けていましたが それがまた‥‥ あの一面に広がる天井板をオレンジ色に染めて今にも僕を押し潰さんばかりなのです。とくに季節で言うと春や冬は酷かったですね。春は猫たちの恋の季節 「ウー ウミャー ミャーゴー!」冬はシーンとして襖一枚隔てて寝ている両親の寝返りを打つ音、部屋の時計「カッチ カッチ カッチ」そんな音とあの天井板の風景、みんなは夢の世界に居るのに自分はそこに行けない寂しさ、その気持ちがいつしか僕の中で重圧的イメージ "二段ベッド” になっていってしまったのです。実は二段ベッドに関するエピソードはまだあるんですよー 気になるでしょー? 「もう止めてくれ!」って人もおられると思うのでそれはまた今度にしときます。

えー長々と二段ベッドに対する僕の勝手なイメージを話しましたが、だいぶ大人になった今の僕はこう言えます。
僕と弟が楽しく仲良く過ごせるようにと買ってくれた両親の優しさ それがあの "二段ベッド”だったのだと、両親の愛に感謝です。
 
ちなみに今現在の僕は割と健全な眠りに着けておりますよ、部屋は真っ暗にして寝ますけどね。


憎悪.JPG



5月24日 晴れ [妄想スケッチ]

今日は午前中のうち肌寒く、夕方に駈けて晴れ 暖かくなりました。
自宅での仕事を一時中断して車で出かけてきましたよ。

では、回想〜 良かったら聴きながらどうぞ

今日の空.jpg

 いやー爽やかな午後だなー


ふたり.jpg

 今日は心無しか町にお年寄りが多い気がする。たぶんこのくらいの陽気が皆さんには調度良いのだな。本当に楽しそうにお話されているなー、恋を謳歌する若者にさえ見えて来る 良いなー。


彼.jpg

 「きゃー かわいい!」ん? 何がかわいいのじゃ? おお!これは確かに‥‥ だが若干元気がないな
今日は彼にはまだちょっと寒いかな? 早くいい飼い主が見つかると良いな。


花畑.jpg

 さて、遠回りりして帰るか。おー 奇麗な花畑だなー‥‥ ね ネギか‥ しかし見事な花の付け方
ブロンドの奥様によくお似合いだ。


ドキドキ感.jpg

 小学校の体育館 この横の扉はこう何かいい知れぬドキドキ感というかワクワク感というか不思議な感覚があるなー。高校の時 先生に隠れてこの辺でタバコ‥‥とかそう言うんじゃない。


夕暮れ.jpg

 さ、そろそろ帰るかな。



画家になりたい [武藤的おすすめ]

ぼくは子供の頃から絵を描くのが好きでしたね。
学校の写生の時間に見ている風景だけを描くのに飽きて想像を織り交ぜて自分だけの風景に仕上げて先生に注意されたことも何回かありました。中学生の時などはいろんなアートなことやカッコイイことをやりたい!と想像で頭を膨らませていた時期で、大きな模造紙に思い浮かんだ色や形をひたすら描いたりしてよく絵の具を切らしていたものでした。しかし、大人になるにつれ思い描くことがアザとく思えたり 思うことが上手く描けなかったりして 段々筆を取ることをしなくなってしまいました。

でもまた最近から描いてます、お遊び程度の拙いものですけどね。ビニドのHPの絵とかちょっと前に”Amazon.co.jp たすけあおうnippon” に出展した「ビニールドーナツとマユミーヌ」の表紙絵とかね。思わず寝不足になりますが 楽しいですよ。

さて、ビニドは先月30日 7、8年の潜伏期間を経て久々のLIVEが出来ました 来てくれて皆さんありがとうございます。今更ですけどね、自分達が思っている以上に楽しんでもらえたみたいで 僕らもとても嬉しゅうございましたよ。

その日、僕らビニドにとってとても刺激的な出会いがありました。

 松一(まついち)くん、画家です。ビニドのドラム なかじまはじめ がLIVEに呼んでくれたようでLIVE後 いろいろお話をさせてもらいました。松一くんはとても穏やかでいながらしっかりとした雰囲気の人で話していても 松一くんがどんな思いで絵と向き合っているかがよく伝わってきました。昔から絵の好きな僕もとても楽しい会話ができました。彼が持ち歩いている作品集なども見せてもらい そのタッチの素晴らしさと作品のインパクトに驚きました。彼は今 面白いことを沢山考えているようですよ、楽しみですね。

是非、紹介させて下さい! ”松一”です。 http://ameblo.jp/scribble-ski

                   
matsuichi.jpg


松一くんは今回 ビニールドーナツの ”OKUOKU"と言う曲に絵を付けてくれました。
ビニールドーナツ HP で是非! http://vinyldonuts.web.fc2.com/



素敵に老いる [妄想スケッチ]

この二、三日よい天気でもはや夏を感じてしまいますね。今年の夏は暑そうですがクーラーの力を借りず乗り切りたい、節電 節電!こんばんは武藤です。

 さて、今日は昼から仕事に出かけようと表へ出て車に向かう途中 「おっと、我はブログを始めたのであった!」「この方は皆さんに紹介しておかねば‥‥」と何歩か引き返し写真を撮らさせて頂きました。

この辺りに住んで5、6年になりますがこの方に気づいたのは2、3年前 近所にお住まいだったであろうご老人の認識に始まります。そのご老人はとてもお洒落とは言えませんが いつもベージュ系の洋服に身を包みトータルコーディネイトが成されていて一種独特な雰囲気を醸し出していました。もう隠居なされているようで 毎日近所を徘徊されているようでした。足取りは弱々しくてもいつも毅然とした感じで 差し詰め町内をパトロールしてあるく監視員でした。公園で遊ぶ子供達が安全に遊べていたのも このご老人が居たからと言ってもおかしくはないと僕は思いました。

 ところが去年の今頃辺りからそのご老人の姿を見ることがなくなりました。恐らく天に召されたのだと思います、お住まいになっていたであろう家も今はきれいに空き地になっています。

その数ヶ月が経った辺り僕は仕事に行こうと いつものように表に出て ふっと目についた光景に妙な哀愁のようなものを感じました。「この方も長い月日を経てここにこうして静かに立っているんだなー」「公園の入り口に立ってこの年季の入った存在感で暗い夜道に明かりを灯し人の役にたっているのだなー」

 まあ 単なる電柱ですけどね。

しかしながら、あのご老人とイメージが被るのです。ぼくは‥‥。

爺さん.jpg

『ビニド的』始めました。 [妄想スケッチ]

おはようございます、武藤良明です。

ビニールドーナツと言うBANDをやっておりまして、ギターなど弾いております者でございます。

このtwitterやらfacebookやらが主流になっている昨今、遅ればせながら私 武藤はblogから
今というこの時代に細やかながら発信していければと思っておる次第でございますよ。

『ビニド的』と題を掲げましたが、皆さん「は?」っと首を傾げることと思います 説明いたしますよー。わたくし武藤、ビニールドーナツと言うBANDを十数年に渉ってやっております(詳細はこちら!http://vinyldonuts.web.fc2.com/ ) 
日本の田舎でで育った自分が見たり聞いたりしてきた懐かしく心地よい、時に奇妙で不気味、暖かかったり涼しかったり、そんな風景や体験を音楽にすべく活動して参りました。そんな我々とこのblogを見てくれる皆さんとでそんな雰囲気を共有しようではありませんか!ということで「ビニールドーナツ」略して「ビニド」の『ビニド的』飽くまで自分の勝手な主観で書いていきますよー!
 と言う訳でよろしくお願い致します。

 先ほど夜中にお腹が減ったので某牛丼屋さんに行ってきまして i phoneなど携帯していたので夜の音楽スケッチしてきました。あまり度が過ぎると犯罪になってしまいますからね、皆さんもこういうことやる時は怪しまれないように気をつけて下さいね。


11.5.18.jpg

-|2011年05月 |2011年06月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。